船橋市制度融資一覧

全資金共通の融資申込要件   ※ 創業支援資金を除く。

① 市内に事業所・店舗を有し、同一の事業を市内で1 年以上継続して営んでいること。

② 申込人が市税を滞納していないこと。連帯保証人を要している場合は、連帯保証人が市区町村税を滞納していないこと。(分納及び延滞金の未納は滞納とみなします。)

③ 千葉県信用保証協会の信用保証が受けられること。

 

資 金 名

融資申込対象者・特記事項

小口零細企業資金

1.上記申込要件をすべてみたすこと。2.常時使用する従業員が20人以下(商業又はサービス業にあっては5人以

下)の会社及び個人であること。

3.保証協会の利用残高が総額1,250 万円以下の者。

普通事業資金

1.上記申込要件をすべてみたすこと。※ 普通事業資金の年度内利用回数は3 回まで

設備改善資金

創業支援資金

(個人による創業や新たに企業を設立する場合)

1.市内で事業を開始すること。2.申込人および連帯保証人が市区町村税を滞納していないこと。

3.千葉県信用保証協会の信用保証が受けられること。

4.事業を開始しているものは、開始後5 年を経過していないもの。

5.経営者の経験がないもの。

6.事業着手前の場合は、申込金額が自己資金の範囲内であること。

7.原則として創業して1 年以内のものは、市で行う経営相談を受けること。

特定中小企業者対策資金

(セーフティネット保証または東日本大震災復興緊急保証を利用する場合)

1.上記申込要件をすべてみたし、次の2~4のいずれかに該当すること。2.中小企業信用保険法第2条第4項の第1号から8号の要件に該当して市区町村長の認定を受けた特定中小企業者(第1・第

3・第4号該当者は、被害を受けた回収困難な額以内の申込みとする。)

であること。

3.東日本大震災復興緊急保証認定を受けた中小企業者であること。

4.原発事故に係る緊急事態応急対策実施区域内に事業所を有していた中小

企業者であること。

※ 借換えの場合はリーフレット最終面の概略参照。

災害復旧資金

1.上記申込要件をすべてみたすこと。2.市が発行する罹災証明を受けていること。

短期運転資金

1.上記申込要件をすべてみたすこと。2.融資申込と併せて既利用短期運転資金の繰上償還はできません。

【利子・保証料補給制度】

船橋市では、市の融資制度利用者の費用負担を軽減するため、利用期間中の利子・保証料の一部を補給します。(保証料は対象者のみ補給。) 対象者には毎年1月に申請書等を送付いたします。申請がない場合は補給されませんので、ご注意ください。 市税の滞納(分納及び延滞金の未納も含む)、融資資金の返済の延滞、事業所の市外転出、事業の休廃業等の場合には、補給は停止されます。なお、利子補給率が融資利率を上回ることはありません。

 

設備資金の申込限度額は、見積書の額の90%以内です。

車両購入の場合
①トラック、タクシー等(緑ナンバー)
②工事用車両(パワーショベル等)
③商用車(ナンバーが1(普通貨物)、2(11 人以上普通乗用)、4(小型貨物)であること。)等、事業用であることが客観的に明らかであること。

 

資金使途の制限

市内事業所の設備及び運転資金に限ります。生活・住宅・投機等のための資金、借入金返済、土地取得のための資金としては申込みできません。

 

【特定中小企業者とは(中小企業信用保険法第2 条第4 項に係るセーフティネット保証)】

取引先企業等の倒産、特定業種の業況悪化、取引金融機関からの借入れ減少(いずれも経済産業大臣が指定した企業・業種・金融機関)、取引金融機関の破綻、自然災害等により、経営の安定に支障を生じていると市区町村長が認定した企業です。1号から8号までの認定があります。詳細は、中小企業庁のホームページをご覧いただくか、商工振興課までお問い合わせください。

 
 
toiawase

Copyright© 2013 創業融資サポートPRO千葉 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析