浦安市の制度融資 創業支援資金

 

1.融資対象者

(1)個人又は会社が事業開始に係る具体的計画を有するもの
(2)個人又は会社が事業を起こし、事業開始した日(事業の開始が確認可能な日)又は会社を設立した日(登記簿上の会社設立登記年月日)以後5年を経過していないもの

 

2.融資限度額

(1)運転資金及び設備資金の合計額が1,500万円以内です。
(2)個人が個人事業又は会社を設立して事業を開始する場合は、自己資金の額(その額が1,500万円を超えるときは、1,500万円)を限度とする。
(3)自己資金の額は、融資額と同額以上とします。例えば500万円の融資を受けたい場合は、最低500万円以上の自己資金を用意する必要があります。

 

3.融資期間

(1)運転資金5年以内(据置期間1年以内を含む)
(2)設備資金7年以内(据置期間1年以内を含む)

 

4.返済方法

原則として均等分割返済

 

5.融資利率(浦安市での他の制度融資の利率と同率)

  1年以内 2.2%
  1年超~3年以内 2.3%
  3年超~5年以内 2.4%
  5年超~7年以内 2.7%

 

6.連帯保証人・担保

無担保・無保証人但し、会社が融資申請する場合は、代表者が連帯保証人になることが必要となります。

 

7.市の利子補給

(1)利子補給額2.1%
(2)利子補給期間は、借入者と貸付金融機関との間で取り交わす最初の契約に
係る期間とします。
(3)利子補給については、月毎ではなく、半年毎に利子補給が行われます。

 

8.貸付要件

(1)創業者(融資申請者)が個人である場合
  ア 市内に引き続き1年以上居住していること。
  イ 市税を滞納していないこと。
  ウ 市内で創業等を行うこと又は市内で事業を営んでいること。
  エ 創業等をしようとする場合にあっては、市長が別に指定する研修を受けていること。
  オ 保証協会の新事業創出関連保証を受けることができること。
  カ 当該創業支援融資及び本市の資金融資を受けている者の連帯保証人となっていないこと。
  キ 会社を設立する場合にあっては、当該会社の代表者が連帯保証人になること。

 

(2)創業者(融資申請者)が会社である場合
  ア 中小企業である会社が新たに中小企業である会社を設立する場合にあっては、市内で1年以上同一の事業を継続して営んでいること。
  イ 市税を滞納していないこと。
  ウ 市内で創業等を行うこと又は市内で事業を営んでいること。
  エ 保証協会の新事業創出関連保証を受けることができること。
  オ 会社の代表者が連帯保証人となること。

 

9.連帯保証人について

(1)保証能力を有すること。
(2)市区町村税を滞納していないこと。
(3)当該創業支援資金及び本市の資金融資を受けていないこと。
(4)連帯保証人の提出書類
  ア 印鑑証明書
  イ 住民票
  ウ 完納証明書
  エ 固定資産税評価証明書

 

10.創業支援資金融資対象業種

(1)千葉県信用保証協会の保証対象業種が融資の対象になります。
(2)千葉県信用保証協会の保証対象業種にならないものが融資の対象外になります。
Copyright© 2013 創業融資サポートPRO千葉 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析