創業融資について

創業間もない経営者のために設けられた融資制度、それが創業融資になります。

ここでは、創業融資がどんな融資制度なのか、何故創業融資を受けたほうがよいのかについてご説明させていただきます。

 

 創業融資とは

通常の融資制度は、会社の信用力(実績や売上など)を審査して融資の可否が決まります。しかし、創業仕立ての会社や個人事業主は信用力がないなかでスタートします。
本来であれば、会社の信用力(実績や売上など)を審査して融資の可否を決する金融機関も創業したての会社や個人事業主についての審査ができません。
しかし、それでは、創業したての会社や個人事業主は融資を受けることができません。
そこで、国をはじめとした自治体などが創業者向けの融資制度をつくったのです。
それが創業融資になります。

 

創業融資の種類

①創業融資には、日本政策金融公庫(政府100%出資の株式会社)がやっております「創業融資制度」

②千葉県などの自治体が行っております「制度融資」の2種類がございます。

 

融資を受けるメリット

創業仕立ての会社や個人は本来融資を受けることは難しいとお話いたしました。理由は、信用力がないからでした。
では、逆に考えてみますと、融資を受けている=金融機関は信用力がある と判断したということになります。
そうなんです。
融資を受けているということは、社会的な信用の1つとして扱うことができます。
このようなメリットも実は、融資にはあります。

 

創業融資がオススメの理由

ここまでのお話で、融資を受けるためには信用力(実績や売上など)が必要ということはご説明いたしました。
しかし、よく考えてみますと、創業したての会社や個人は、これから事業を開始するため、まだ信用力がないということでした。
これが、1年間事業をした後であれば、もしかしたら信用力はついているかもしれません。
しかし、うまくいく会社もあれば、うまくいかない会社もあります。
1年間事業をやってみて、うまくいっている会社であれば融資を受けることは難しくないことが多いです。
しかし、うまくいかない会社のほうが多いのは現実です。そうなりますと、1年間事業を展開したことによって、
融資を借りることが難しくなってしまうのです。
つまり、創業融資=これから事業を開始するため事業計画で判断される
事業を開始した会社(1年、2年経っている会社)=過去の決算書などで判断されるということです。
多くの会社が長い目でみますと金融機関とは付き合うことになります。
そうしますと、事業計画がある程度しっかりとしていますと融資が借りやすくなります。
(もちろん事業計画のみで融資の可否が決まるわけではありません)
実績が良くも悪くも出ていない創業期が融資を申請する実はベストタイミングの1つなのです。

 

日本政策金融公庫の創業融資

新創業融資制度

日本政策金融公庫 国民生活事業では、新たに事業を始める方や事業を開始して間もない方に無担保・無保証人でご利用いただける「新創業融資制度」をお取り扱いしています。

平成25年度補正予算により、中小企業・小規模事業者向け資金繰り支援が強化されました。日本政策金融公庫等の新設・拡充を行う貸付制度については、2月24日(月)から下記の赤字の部分の制度の運用が実施されています。 

 

新創業融資制度の概要

ご利用いただける方 次の1~3のすべての要件に該当する方

1.創業の要件
新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を2期終えていない方

2.雇用創出、経済活性化、勤務経験または修得技能の要件
次のいずれかに該当する方

(1)雇用の創出を伴う事業を始める方

(2)技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方

(3)現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方

(ア)現在の企業に継続して6年以上お勤めの方

(イ)現在の企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

(4)大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方

(5)既に事業を始めている場合は、事業開始時に(1)~(4)のいずれかに該当した方

3.自己資金の要件
事業開始前、または事業開始後で税務申告を終えていない場合は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金(注)を確認できる方。ただし、以下の要件に該当する場合は、自己資金要件を満たすものとします。

(1)前2(3)または(4)に該当する方

(2)新商品の開発・生産・新しいサービの開発・提供等、新規性が認められる方

(ア)技術・ノウハウ等に新規性が見られる方(注2)

(イ)経営革新計画の承認、新連携計画、農商工等連携事業計画又は地域産業資源活用事業計画の認定を受けている方

(ウ)新商品・新役務の事業化に向けた研究・開発・試作販売を実施するため、商品の生産や役務に6カ月以上を要し、かつ3事業年度以内に収支の黒字化が見込める方

(3)中小企業の会計に関する指針または基本要領の適用予定の方

(注1)事業に使用される予定のない資金は、本要件における自己資金には含みません。

(注2)一定の要件を満たす必要があります。

※審査の結果、お客さまのご希望に添えないことがございます。

お使いみち 事業開始時または事業開始後に必要となる事業資金
融資限度額 3,000万円(うち運転資金1,500万円)
ご返済期間 設備資金15年以内<うち据置期間2年以内>
運転資金5年以内(特に必要な場合は7年以内)<うち据置期間1年以内>
利率(年) 条件により異なります。
  利率低減措置(法人営業の方のみ) 法人の代表者の方(注)が保証人になる場合は、利率が0.1%低減されます。本措置は、お客さまのご希望により選択できるものです。(注)実質的な経営者である方や共同経営者である方を含みます。
担保・保証人 不要
ご利用いただける融資制度 「新創業融資制度」は、次の各融資制度をご利用いただく場合にお取り扱いできる無担保・無保証人の特例措置です。

 
 
toiawase

Copyright© 2013 創業融資サポートPRO千葉 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析